home チーム紹介 ツアー企画 BBS リンク 会員専用
更新情報 ブログ ゲストブック    

お正月スキーin長野


1月3日 午前四時

年明け初めのスキーは、練馬の田中さん宅駐車場に、広澤号と大鹿号の集合から始まりました。
広澤号には、私と佐久間さんが乗り込み、大鹿号は山下さんが乗っています。なんと大鹿号はアクアラインを渡って山下さんを迎えにいったのです!
(年明けすぐににアクアラインを渡れた大鹿さんは、ラッキーなのか?!)
とにかく、集合は4時に練馬!
途中、広澤号は話しに夢中で曲がり損ねたりのハプニングもあったが、「なんとかなる」精神の三人はなんて事なく練馬に到着。既に大鹿号も到着しており、なんてナイスな集まり具合なのかしらと感動すら感じる出だしでした。

練馬で合流した2台は、広澤号をお留守番にのこし、大鹿号(ワンボックス)1台に移っていざ出発!長野を目指したのでありました。

:::::::車の中では、女性陣3人が後部座席2列を占拠し、深い眠りへ::::::::::

たっぷり眠った私が目を覚ますと、そこは土砂降りの長野でした。
白馬に近づくに連れ、降りはひどくなるばかり・・・・。
雨のスキーほど悲惨なものはありません。
そこで、携帯によって方々のゲレンデへ電話をかける広澤さん・・・。
結局、長野市内は何処も雨らしい。ということで、なんと!佐久まで戻ることに。
再び、高速に戻り、私も深い眠りへ・・・・。(大鹿さんごめんなさいねー)

起きるとそこはパラダ!雨で滑れないよりはと言うことで着いた佐久ですが、多分こんな事でもない限り、ここへは来なかったでしょう。
今年初滑りと言うことで、佐久間さんや山下さんにとってはよい足慣らしになったようです。
パラダも裏に行くと日陰で雪もあり、時間券で滑ったあと、みんな晴れやかに終了。
一路、宿のある白馬へ舞い戻ったのでした。

宿に着くとすぐに食事です。
安い宿泊料金でしたが、宿は清潔で夕食もボリュームがあっていい感じでした。
(佐久間さんと山下さん、ありがとうございました。)
食事中、大鹿さんの”ぼそり”とつぶやくつっこみが印象的でした。

その後男性陣が行方不明になり、女三人はお土産やさんを物色。
その時!なんと佐久間さんがナンパされちゃったんですねー。
声をかけられて、私と山下さんは全く気にせず買い物を続けているのに、佐久間さんは最後まで粘られていました。でも、「私たちみんなペアなの!」というと、すごすご退散していきました。
広澤さん曰く、「おごって貰えば良かったのにー。」だって・・・・。そうか・・・・。

男性2人は、その晩、あっという間に寝てしまいました。
(というか、2人とも寝ていないんだモンね。当たり前か)

1月4日  朝7時

晴れました!さぁ、滑るぞー。
ゲレンデ付近で、混んでいたけれど広澤さんの誘導で、駐車場もなんとか確保出来て、チケット売場の激混みにも負けず、なんとかゲレンデ上部へ行って滑り出しました。
やっぱりこの雪よね!!!昨日も滑れて良かったけど、八方の上の方は、さすがの雪質。雨も降ったけれど、この天気と雪にはみんなウハウハでした!

しかし、明日からはみんなお仕事・・・ってことで1時には切り上げて、残念ですが帰ることに、途中温泉に入って、マグロ丼を食べ、いざ練馬へ。

:::::::::ここでもまた女3人は深い眠りへ::::::::::::::::::::::::::::

心配の渋滞もなく、練馬に7時過ぎに到着!
所持金200円になった、私に「さぁ、飯でも食いに行くか!」なんて冗談をかます広澤さんでしたが、3時に昼を食べたため、そのまま解散。
お正月スキーツアーを終えたのでした

<完>

レポート後記:
雨が降って大変でしたが2日とも滑れて楽しかったです。
車を出してくれた大鹿さん、広澤さんありがとうございました!
寝ててしまってごめんなさいね。

wrote:きうち

COPYRIGHT(C)1999-2004 TEAM FOUR SEASONS ALL RIGHT RESERVED.