home チーム紹介 ツアー企画 BBS リンク 会員専用
更新情報 ブログ ゲストブック    

日曜だけど日帰りスキーに行っちゃいましょう!


日曜だけど日帰りスキーに行っちゃいましょう!

開催日:2月27日
参加者:廣澤さん、川北さん、木内さん、箕輪さん、稲井さん、横関さん、佐藤(隆)

02:00 に東北自動車道の蓮田SAに集合!との事で、千葉支部(?)の方たちは廣澤さんの車にて、私の車に横関さんが乗って蓮田SAをめざして出発。余裕を見て早めに出発したのと、時間的に混んでいなかったのがあって 01:30 には蓮田SAにて到着してしまいました。
千葉支部と合流するのにちょっと待たなくちゃならんかなぁ、と思いきや、すぐに合流。どちらも状況は同じようなものだったようで。
初対面の方が多かったのでとりあえずは自己紹介。

出発前に各自の天気予報情報を確認すると「雪」とか「雪のち晴れ」とかまちまちで、よくわからない。天気は気になるものの、予定通りアルツ磐梯に向かこととなりました。
ここで木内さんが乗り心地の悪い私の車に移動。(でも、それをよろこんでいたような気もするが・・・)

蓮田SAを出発しても東北道は快調。道が空いていたのもあったけど、廣澤さん、ちょっと速いですよ(^^; 結局、05:00 頃にアルツ磐梯スキー場に到着。この次点で天気は曇り。このままの天気ならいいなぁ、と期待しつつ、とりあえず8時頃まで寝ることにする・・・
が、結局ほとんど眠れず。車を止めたところにちょうど照明があってまぶしかったのと、早朝スキーのためか、まわりが結構にぎやかだったもので。

そんな状態で待っていると、夜明けとともに青空が見えてきたのでラッキー・・・と思いきや、ウェアを着替え始めたところで、雪、雪、雪、大雪!
まじぃ?

駐車場からゲレンデまでシャトルバスで移動。リフト券を購入したものの、ほとんどのリフトは 08:30 から始動らしいので、朝食をとってしばらく休憩。そんな状態でもいきなり朝からビール飲んでいる廣澤さん、さすがです。
そして、時間となってリフトが動き出したので全員出発!
みなさんお上手なのね。ってぇか、止まらずにどんどん行くのね。普段、マイペースでのんびりと滑っている私とは大違い。これは鍛えられそう?

そんな調子でリフトを数本乗ったところで天気が回復。青空も見えてきました。が、みんな「暑い、暑い」と言い出したのもつかのま、再び雪。山の天気は油断ができません。
途中、何度も廣澤さんの「大丈夫、大丈夫」に騙され、一同急斜面やこぶ斜面に連れて行かれることも。そんな状況の中、まだファンスキー初心者の稲井さんはガンガン(?)降りてましたね。コブラーの称号をあげちゃいます(^^/

猫魔ボウルエリアをほぼ制覇したところで昼食。食後は徹夜の影響か、みんなしてぐて〜っと。しかも、窓の外は激しく雪が降っていて滑る気が・・・
でも一向に雪は収まらず、いつまでも休んでいても仕方がないので覚悟を決めて滑り出すことに。
その後は下まで降りて、ゴンドラ等で残りのエリアを攻略。あいかわらず雪はひどかったものの、なんとかひととおりのコースを滑ることができました。
ここで私は帽子を紛失。帰りの運転の心配もあったのでここでリタイヤとしました。他の方はもう一滑りした後に終了。

シャトルバスで駐車場に戻ると、やはり通り車が雪で埋まってました。吹雪の中、ざっと雪を落として荷物だけ積みこんで乗車。着替えも兼ねて磐梯熱海温泉をめざします。
で、出発したところで晴れて青空が。なんで今ごろになって・・・
今更仕方がないので、悔しがりながらも温泉に向かいます。

で、まもなく温泉というところで再び雪、雪、雪! なんか雪に取りつかれている気がするんですが。
そんな状態で磐梯熱海温泉「磐梯向滝」に到着。入浴料700円で内湯・露天・サウナとまぁまぁの内容でした。
温泉でくつろいだ後は皆しばらくとろける・・・

おなかも空いてきたので、出発! 東北自動車道に合流するまではあいかわらずの大雪でしたが、その後はきれいな星空が見えたりして。ほんと、わずかなところなんですね。
その後、SAのレストランで食事をして、蓮田SAにて解散。おつかれさまでしたぁ。

総評:徹夜&日帰りスキー&744kmドライブはちと無謀です(^^;

by たかのり

COPYRIGHT(C)1999-2004 TEAM FOUR SEASONS ALL RIGHT RESERVED.